簡単に使えて業務効率化に最適

簡単に使えて業務効率化に最適!おすすめフリーソフト5選

フリーソフトとはその名の通り、無料でかつ自由に利用できるソフトウェアのこと。

企業などの法人では日常的にPCを利用しますが、中には面倒な業務が多々あるもの。そんなとき、フリーソフトを利用すれば的確に目的の業務をサポートしてくれるのです。

現在は、世界規模で様々なフリーソフトが存在し、個人はもちろん、法人でも便利アイテムとして活用されています。そこで今回は、もちろん無料で簡単に使えて業務効率化に最適なフリーソフトを厳選して5つご紹介いたします。

目次

1、業務効率化に最適!おすすめフリーソフト5選

業務効率化に最適!おすすめフリーソフト5選
そもそも「フリーソフト」とは、先程も軽く触れましたが、free “自由”と”無料”の意味を持つソフトウェアのこと。フリーウェアとも呼ばれ、ソフトをダウンロードする・利用するときに、1円の支払いも発生しません。

でも、何で無料なのか疑問が浮かんできますよね。これは、製作者の趣味や個人的な活動、または自分が作ったソフトを世に広めたといった意志によるものが多いといいます。その他にも、特定ソフトの宣伝の一貫として配信されるケースも多いようです。

以前は、「個人に限り」というソフトが多かったのですが、今では法人で利用OKというソフトが数多く出回っています。

使い方が簡単で業務効率化に最適なフリーソフト5選

そこで、膨大にあるフリーソフトの中から、オフィスで利用するPC業務の効率化に最適なフリーソフトを厳選して5つご紹介いたします。

おすすめ➀ Cube PDF

PDFは、現在の様々な分野のビジネスで利用されるファイル形式。

CubePDFは、日常業務で利用するMicrosoftのWord、Excel、PowerPointといったソフトから、PDF形式のファイルが簡単に作成できるフリーソフト。また、PDFに変換するだけでなく、Jpeg、PNG、TIFFといった画像ファイルにも変換できます。

使い方はとても簡単。プリンタで印刷するときの操作で手軽に行えるので、 印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換できるので、操作に戸惑うことも一切ありません。

開発元は「CubeSoft」で、個人・法人問わず無料で利用可能。また、無料なのにサポート情報も充実しているうえに、さらに広告などが一切ないので純粋に便利なフリーソフトとして活躍してくれます。

おすすめ➁ PDF-XChange Viewer

こちらもPDFに関連するフリーソフト。

PDFの大きな特徴は、閲覧できても編集ができないこと。そのため、電子メールで相手に書類を送るときPDF変換が必要になるのです。

そこで、送られてきたPDFファイルに簡単な編集をしたいとき、「PDF-XChange Viewer」を利用すれば可能になるのです。下線を入れる、蛍光ペンでラインを引く、吹き出しを追加する、図形を挿入する、といったちょっとした編集やパスワード保護設定もできます。

開発元は海外の会社になりますが、インストールするときに「Japanese(日本語)」を選択すれば日本語で利用できます。

おすすめ➂ Lhaplus

日々の業務の中で、電子メールを利用してデータのやり取りを行います。

その際、容量が大きいデータや、複数のファイルを同時に送りたいなど、通信が遅くなったり手間がかかったりするものです。そんなとき便利なのが「Lhaplus(ラプラス)」。これは、ファイルを簡単に圧縮・解凍ができるフリーソフトです。

自己解凍書庫を作成する機能や、暗号化 ZIP のパスワードを検索する機能などの豊富な機能が、もちろん無料で利用できます。対応しているファイル形式は、

解凍:ACE、ARC、ARJ、B64、BH、BZ2、CAB、GZ、JAR、LZH、LZS、MIM、RAR、TAR、TAZ、TBZ、TGZ、UUE、XXE、Z、ZIP、ZOO、7Z

圧縮:LZH、ZIP、BH、BZ2、CAB、GZ、TAR、TAR.BZ2、TAR.GZ、UUE、XXE、B64、EXE(自己解凍書庫)
と、大抵のファイル形式は網羅しています。

開発者は「Schezo」。個人・法人問わず無料で利用可能。
ビジネスマンのパソコンには、ぜひインストールしておきたいフリーソフトです。

おすすめ➃ Clibor

これは、文書を作成中にテキストなどをコピーしたとき、そのコピーしたデータを一保管するクリップボードを管理できるクリップボード履歴管理ソフトです。予め設定したホットキーを押すことで、クリップボードにコピーされたテキストの履歴一覧が表示されます。

その履歴の内容をほかのソフト(Word→Excel)へ貼り付けができるのでとても便利。クリップボードの履歴は最大10,000件まで保存可能。その中で頻繁に利用するものは定型文として登録もできます。

開発者は「Amuns」。個人・法人問わず無料で利用可能。
繰り返し使う単語や用語と登録しておけば、ソフトに関係なく利用できるので、入力業務の効率化が図れます。

おすすめ➄ ID Manager

様々なサービスを利用するときIDとパスワードが必要になり、それぞれに違いものを利用している方は、IDとパスワードの管理が大変ですよね。

そこで、この「ID Manager」を利用すれば、IDとパスワードの組み合わせをまとめて管理が可能になります。ID Managerへログインするときパスワードは必要になりますが、他のIDやパスワードはその中に登録されているので忘れたときでも安心です。

また、インターネットにリンクさせれば、登録してあるサイトにアクセスしたとき、自動でIDとパスワードを入力してくれる機能も備わっています。

開発者は「WoodenSoldier」。個人・法人問わず無料で利用可能。パスワードを忘れて困った経験がある方は、このフリーソフトを利用すれば忘れが一切なくなります。

2、まとめ

日常、パソコンを使う頻度は多く、便利なフリーソフトを利用すれば様々な業務をサポートしてくれます。ピンポイントの機能が使えるフリーソフトが多く、的確にサポートしてくれるので業務効率化が図れるのです。

今回は5つのフリーソフトをご紹介しましたが、他にも膨大な数のフリーソフトが存在しています。基本的に個人によって作成されたソフトなので、ウイルス感染といった危険性はほとんどないものの、いかにも怪しいものはインストールしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です